2019.10.09
2020年国際アートフェスタの意義4
佐藤賢太郎

私はどうしても国際アートフェスタをやります。その意義をまとめて最後にします。

ラグビーワールドカップで日本はベスト8へ、来年の東京オリンピックなど、日本への関心は高まっています。そんなときに、多くの外国人がコスモ夢舞台に集まる。この機に、私は第二回国際アートフェスタのイベントを企画しています。

目指すところは

(1)自然の中で暮らす (2)日本の文化と米つくり (3)水の大切さ (4)外国人と話す (5)4つを全てアートでまとめる。

 どの様に表現するかは、すべて準備をしながら、外国人の感性によって決めてゆきます。道を作りながら、駐車場を作りながらこのイベントをします。全てコスモ夢舞台のメンバーが過去に手掛けたものを生かします。前回の国際アートフェスタとは全く違います。

なぜこのフェスタを行うのか、これが日本人ばかりか外国人との文化の交流になろうと考えているからです。実施には理屈だけでなく、体力もアートの感性も必要となります。