2019.10.22
希望と失望
佐藤賢太郎

失望は東北電力の地域活性化賞の落選です。残念でたまりません。
   そしてラグビー日本がベスト4に行けなかったことです。でも、日本のラグビーはかつてと違いとても頑張りました。何といっても世界の強豪チームと戦えるまでになったことです。オリンピックでも世界のチームは単一民族という事がなく、あちこちの民族の混合チームである。日本だけが今まで単一民族だったとおもいます。この度はそれが違った。半分は外国人のようです。でも、桜のマークを誇りにして“ワンチーム”になりました。

このことによって、国を超えて民族が仲良しになることはすごいことです。日本がベスト4に残ってほしかった。しかし、願いがかないませんでした。私は外国生まれの日本チームの選手に拍手を送りたいです。ラグビーは、願いがかなわなかったというより希望ですね。 

ところで私は、喜多方市の電線が見えない、雪が積もらないレトロな道路に彫刻を置くことになりました。ある方とのきっかけが大きいと思います。喜多方はラーメンと蔵が有名ですが、今度喜多方に別の名所ができます。この散策道路は希望ですね。私の彫刻が設置されるなんて喜多方高校時代には考えられませんでした。